道の駅 つるた

住所 青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
TEL  0173-22-5656
営業時間  9:00~19:00(9月~3月~18:00)
休館日  1月1日、9月第1火曜日
特産品
施設の紹介  あるじゃとは、スペイン語のGrulla(鶴)とAla(羽・翼)を合わせた造語です。
「鶴の翅」「鶴翔」という意味を持ち将来の繁栄を祈願する言葉です。
津軽弁で「ここにある」「見つけた」などの意味を持つ言葉でもあり、あるじゃは「青森県のお土産や鶴田町の特産品を見つけることができる!」道の駅です。
交流施設「鶴の里あるじゃ」は、当町産のりんごやコメ、生産量日本一を誇るスチューベンぶどうを原料とした特産品(ジュース、酒 類、お菓子など)や加工室で製造する農産加工品(スチューベンソフト、各種大福もちなど)の販売、新鮮で豊富な農産物の直売をしています。青森県鶴田町は「スチューベン」という品種のぶどう生産量が日本一です。季節にはとれたてのスチューベンが手に入ります。そのため、スチューベンを贅沢に使った加工商品や、他にはない珍しい商品がたくさんありますよ!オリジナル商品やここでしか買えない限定商品を取り揃えています。
青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1

産直一覧へ